日本ベトナム友好協会大阪府連合会/ベトナム雑学・達人への道歴史編7



第7話 タンロン=ハノイの1000年(その7)

 ドイモイの進展にともない、王朝時代のタンロン=ハノイの市街は、下図の縦線・横線および点々を打った部分にほぼ限られていました。市街の東側は紅河、北側はホータイ(西湖)、南側にも多数の池や沼があったことがわかりますね。また西側はトーリック河(蘇歴江)が天然の堀の役割をしていました。
img009.jpg


ハノイ市中心部とタンロン皇城遺跡(西村昌也氏作成) 図中の1がホアンジエウ通り18番遺跡。


15~18世紀のころ、このタンロン市街はほぼ正方形の禁城(図の横線部分。三角印がタテに並んでいるのが中心軸)、その西の縦線部分を含んだ皇城、東南側の点々部分ま1987年4月のチャンティエン通り.jpgで含んだ京城(大羅城)という三重の城壁で囲まれていたとされます。現在のバーディン区は、この禁城と皇城内部の大部分を含んでいます。イスラムのモスクがテトの桃の花市で占領されていた1987年のテト.jpg
禁城の北側では3つの城壁がほとんど重なりあい、皇城は西側や南西側では京城と重なるなど、あちこちで城壁が重なり合う変則な形になったのは、河川や湖沼に囲まれたハノイの地形に合わせたためと思われます。
 おもな宮殿や役所は禁城のなかにありました。禁城は、ハノイ旧市街のなかでもいちばん高く、洪水の被害を受けにくい場所にあります。フエに都をおいた19世紀のグエン朝グエン朝期の東門付近にある「東門寺」.JPGは、ほぼこの禁城の範囲だけに城壁を残しますが(最初昇隆城、のち河内省城とよぶ)、フランス領時代にこの城壁も撤去されました。しかしフランスも独立後の政府も、ここに政権と軍隊の中心を置きます。
その西側の皇城地区は池や沼が多く、いまでも動物園などがありますが、当時も庭園、それに寺院やデン(神社)などの宗教施設が多く、北側に接するホータイ地区(現在のタイホー区)とあわせて、王侯貴族の遊覧の場所になっていたようです。また南側には、現在のザンヴォーGiảng Võという地名のもとになった軍事演習場「講武殿」や、科挙試験の試験場(会試場)があったとされます。
 禁城の東の、紅河との間のせまいところ(現在のホアンキエム区北部)が、商業・手工業地区で、北部ベトナム最大のチャイナタウンでもありました。ストリートごとに、おなじ業種の店がならんでいることで有名ですね。ベトナム語で都市のことをタインフォーthành phốといいますが、タイン(城)は政治の中心、フォーは商業・手工業の中心をいいます。両方あってはじめて都市ができる、という考え方なのでしょう。ドンダー区南部にあるハノイ国家大学グエンチャイ・キャンパス.JPG
 西のほうでは文廟から南、東ではホアンキエム湖の南(図の点々の部分)は、有力者の屋敷や宗教施設が点在する地区でした。17~18世紀にレー朝の実権を握っていたチン氏の屋敷(王府)は、この地区の中央部に造られたようです。現在は統一鉄道の西側がドンダー区北部、東側はホアンキエム区南部とハイバーチュン区北部になっています(グエンズー通りが境界)。市電が走っていたトンニャット公園横の国道一号線.jpg
ドンダー区のオー・チョズア交差点付近で、皇帝が土地と穀物の神様をまつる施設「社稷壇」のあとが最近発掘されました。またホアンキエム湖の西側、リー朝が建てた報天塔というおおきな塔があった場所には、フランスが大教会を建てました。
ホアンキエム湖一帯から南側に、フランスはチャンティエン通りに代表される、近代的な市街を建設しようとしたのです。公共建築のほかに、コロニアル様式の住宅がたくさん残っているのは、この地区ですね。独立後はその多くが、政府機関や国営企業に利用されることになりました。
1954年のジュネーブ協定後、図の下方の白いところにあたるハイバーチュン区とドンダー区の南部に、工場や大学、集合住宅がつぎつぎ建設されました。1980年代の私のハノイ留学中にもまだ、ハノイ市の区部は、バーディン、ホアンキエム、ハイバーチュン、ドンダーの4区だけでした。皇城の西の鎮守「リンラン祠」.JPG
1990年代以降、ハノイ市街は南のタインスアン区とホアンマイ区、ホータイをとりまく北のタイホー区、トーリック河をこえた西のカウザイ区、そしてホン河(紅河)の対岸のロンビエン区へと、近郊農村をのみこみながら、どんどん膨張しています。
こうした歴史を考えながら歩くと、ハノイの街や通りが、並木や池が、路地裏に隠れているお寺や神社が、なにかを語りかけてくるように思います。みなさんも、耳をすましてその声を聞いてみませんか(この項おわり)。

府連コンテンツはこちらです!

syuki2.jpg

府連山の会.jpg

monan.jpg

府連関係外部リンク

v_heart.jpg

Hang.jpg

tamaru.jpg

banner.jpg

府連関係企業リンク

phoenix.jpg