日本ベトナム友好協会大阪府連合会/なんでもベトナム・雑学エッセイ2

2018-02-03  

このページの写真はクリックすると大きく表示されます

2.芸名と筆名(2008年7月6日)

 ベトナム人(多数民族であるキン族)の名前の話のつづきです。
 姓のあとの個人名について、昔のベトナム人とくに上流階級は、中国と同じように、あざな(ふだん使う呼び名)、いみな(公式の場でしか使わない本名)、号(「抑斎」などペンネームのようなもの)などを使い分けていました。

 現代でも、本名以外で知られている人がいろいろいます。ひとつは言うまでもなく、歌手、俳優、作家など芸術家や芸能人です。

 これらの芸名・筆名の特徴は、ふつうの「漢字3文字分の姓名」にまじって、「姓をもたない、漢字2文字分の名前だけ」のケースがよく見られることです。カイン・リー、ホン・ニュン、ミー・リンなどの有名歌手の名前は、みなそうです。
これは、昔の「号」の感覚をひきついでいるように思われます。前回紹介したテンデム(2文字目に使う男性のヴァン、女性のティなど)を省略して人の名前を呼ぶことがある(例:グエン・ヴァン・フエ→グエン・フエ)ことと考えあわせると、なるべく発音する音節数を減らそうというベトナム語の発想が影響しているのかもしれません。ちなみに、これは中国でもそうですが、「ファム・フン」など本名の名前の部分がもともと1字分しかない人もいます。

 本名でない人がたくさんいる、もうひとつの業界をご存じですか?

ベトナム共産党中央委員会政治局・書記局名簿(1986年12月).jpgベトナム共産党中央委員会政治局・書記局名簿(1986年12月)

 

 それは革命家の世界です。ホー・チ・ミン(胡志明)が本名でないことはご存じですね。かれの本名はグエン・タッ・タイン(阮必成)。フランスで活動しているときにグエン・アイ・クオック(阮愛国)の名前で有名になりました。ホー・チ・ミンは、1940年代初頭に中国領内で秘密活動をしているさいに使いはじめた、いわば中国向けの偽名でした。またかれの直弟子のひとりで、ベトナム共産党書記長もつとめたチュオン・チン(長征)は、中国共産党が1930年代におこなった「大長征」からとったペンネームでした。

(続く)

府連コンテンツはこちらです!

syuki2.jpg

府連山の会.jpg

monan.jpg

府連関係外部リンク

v_heart.jpg

Hang.jpg

tamaru.jpg

banner.jpg

府連関係企業リンク

phoenix.jpg